賃貸物件の条件を確認して交渉を行う

家賃の交渉をしてなるべくお金をかけずに、生活をしたいと考えている人は、不動産業者に足を運び、比較的古い賃貸物件を紹介してもらうと良いでしょう。
最近は非常に新しく機能性が良い賃貸物件が増えているので、少し古い賃貸物件はあまり入居希望者がいなく、不人気になっている傾向があります。
それでも物件がある以上は、入居希望者を募集しているので、家賃の交渉などを行うと応じてもらえる傾向があります。
通常であれば2000円から3000円程度の値引きになるのに対し、少し建築年数が経過している賃貸物件の場合は、5000円程度家賃の値引きをしてもらえる可能性があります。
年間で考えると非常に大きな値引きになるので、自分が考えているあまりお金をかけない生活をすることができるでしょう。
もちろん立地が良い場所にある賃貸物件の場合は、家賃の交渉をしても応じてもらえない可能性がありますが、建築年数が経過をしている上に、あまり立地が良くない場合はほとんどの交渉に応じてもらえます。

宅地業という不動産業の分類には

宅地業において、特定の資格を持っている人がいないと始めることができない、というのはよく知られていることです。
それが所謂、宅建と呼ばれるものであり、宅地建物取引主任者というものでした。
これが物凄く有名だったのですが今では名称が変っており、宅地地建物取引士となっています。
この宅地建物取引主任者資格試験に合格して都道府県知事の登録を受けて、そして、宅地建物取引士証の交付がされた人でないと法律的にやらないといけない説明行為ができないとなっています。
物件の契約内容等の説明というのは必須になっており、基本的に相手は素人であり、無知であるということが前提になっています。
ですから、宅地業をする場合においてはこの資格を持っている人がいないと話が進められないということになります。
不動産というのは資格がいくつもありますがこれが最も基本的なものであり、そこそこ難易度も高いのですが受検資格が緩いので人気があります。